選定品


令和5年度「学流協の推奨品」エントリーについて
令和4年3月
公益社団法人 学校給食物資開発流通研究協会

令和5年度の「学流協の推奨品」のエントリーは『令和5年度開発テーマ』に沿い、また、学校給食用開発食品選定基準に基づき、下記要領にてお願い致します。

1.生産会員以外のエントリー方法
エントリーは「学校給食用食品の製造を業とする個人又は法人で協会の目的に賛同頂ける方」はどなたでも可能ですが、物流、商流及び営業活動について全国各都道府県に於いて可能なことが前提となります。

また、エントリーにあたり、審査会等の諸経費の負担金として「10万円」を申し受けます。審査会は令和5年度開発スケジュールに沿って行いますが、当日は会場にて試食、商品説明をお願い致します。

尚、審査をパスした食品については、1品30万円の給食品出品料及び公的検査費(新規・変更のみ1品約10万円)とホームページ作成実費(1品2.5万円)等を頂きます。(会員と同様のご負担です。)


エントリーをご希望の方及びご不明の点やご質問は、メール等で事務局までご連絡ください。


MAIL: grk-21@ac.auone-net.jp
FAX:  03-5298-6126


2.生産会員のエントリー方法
生産会員のエントリー方法につきましては、例年と同様、生産委員会等でご説明の通りです。





令和4年度『学流協の推奨品』候補の審査経過報告

公益社団法人 学校給食物資開発流通研究協会
標記について、下記のとおりご報告致します。


1.開発テーマ
  学校給食環境・喫食形態の多様化に配慮し、
  「おいしく安全楽しく食育」にふさわしい優良食品の開発に取り組む。

 1.献立作りに役立つ栄養バランスのとれた手作り感のある食品
 2.児童の咀嚼力向上など健康作りや食育に役立つ食品
 3.汎用性があり献立に貢献できる素材の良さを生かした食品
 4.米飯給食の献立をより充実し、楽しくする食品
 5.減塩を志向し、塩分控えめで一味加えられる薄味の食品
 6.不足がちな栄養素の鉄分・カルシウム・食物繊維等に配慮した食品
 7.食物アレルギーの児童・生徒にも対応できるよう工夫・配慮した食品
 8.配膳作業に配慮した規格と包装形態
 9.小学校低・高学年及び中学校に対応できる規格の複数化
 10.安全と安心が担保された食品の提案と適正な表示
 11.地場産物の活用や郷土料理をいかした提案
 12.地域の食文化の継承につながる和食に適した食品の提案

基本テーマの中で本年も給食現場からの要求の高い『塩分控えめ』『食物繊
維』
『鉄分』『カルシウム』を充足させる製品やアレルギー対応、原材料の安全性の確保を
生産会員各社に徹底して呼びかけました。


2.「開発テーマ」に則り、生産会員へ要請し、16品目の提案がありました。

  本年 昨年
調理冷凍食品  8 7
農産加工品 0 1
その他冷凍食品(デザート) 4 1
魚肉練り製品 1 1
惣菜類煮豆(常温) 1 0
惣菜類和惣菜(冷蔵) 1 1
加工水産 1 0
ドレッシング 0 1
16品 12品


3.開発専門部会(審査)開催
学校関係者及び流通関係者の審査会を経て、9月15日(水)に新型コロナウィルス
感染症の影響で3密を避け、できる限りの防止対策を施して味の素冷凍食品(株)
品川事務所B2会議室にて開発委員会を開催致しました。

出席:高橋開発委員長、福島副委員長ほか各委員計8名出席
   (石井先生オブザーバー参加)

本年のエントリー品16品を審査結果集計データに基づき、検討致しました。
検討経過及び結果を下記します。

冒頭橋開発委員長より下記の通り開会のご挨拶がありました。
「新型コロナウィルス感染症の拡大により、本年も審査会自体の開催が
危ぶまれたが、事務局よりきちっと感染症防止対策を施し、学校の先生方にも
安心して参加頂ける環境を整えて開催したい旨の説明を受け、開催に向け慎重に
準備してきた。

1) 2022年度の新規推奨品について、商品を実際に使用する学校栄養士の先生
 (関東地域14名、熊本地域4名)18名、商品を扱う流通関係者が審査会3回で
 17名と少ないながらも評価の信頼度が取れたと思う。

2) 令和4年度の推奨品について、審査結果の基礎データの表による
 総合評価欄の全合計値を検討した。
 A-1からA-12,B-1からB-4の評価の点数と標準検査値を見て、検討した結果、
 16品の値はいずれも普通より良い評価であった。
 今回のエントリー品はかなり良い結果を得た。
 例年よりパネラー数が少ない条件下での審査結果ですので、個々にデータを
 食品価値及び嗜好の項目について検討を加えた。
 個々に数字を見て、数値を確認し、更に検討項目について各委員のご意見を
 聞きました。

3) A-1「スパニッシュオムレツ」。食品価値、嗜好の項目につき、学校・流通とも
 違いはなく、ともに1.0評価でやや良かった。
  A-2「海藻ミックス」。食品価値の項目について、学校/流通とともに1.5と両者に
 良い評価。食品の評価は0.7以上であった。しかも「食育」の観点からも推奨品に
 ふさわしい、望ましい食品である。A-1、A-2については推奨品と認める。

4) A-3「肉団子(トマトソース)」。
 この食品は既に「甘酢あん」タイプで推奨品である。その味のタイプの違い。
 調理価値、嗜好の評価は学校/流通ともに1.0前後の評価であった。
 食塩に配慮した点が学校関係者に好評であった。
  A-4、A-5の魚フライの2品。
 食品価値の項目で学校/流通の両者に1.0と良い。
 嗜好の評価については学校/流通でやや差が出た。
 これまで魚フライは学校関係者の要望があったものの、概して普及は
 厳しかった。
 今回意見に「規格が多く使いやすい。骨がない切り身が良い」等の意見が複数
 あり、推奨品と認めたい。

5) A-6「国産豚肉餃子」。
 調理及び配膳作業の項目について、学校関係者にマイナス評価が見られた。
 しかし全体の平均値は0.42であった。
 意見に「10個のトレーの規格では、大量調理には適さない」との指摘があった。
 ただ、餃子は給食の人気メニューであり、一方で「少人数」向きのご要望も多く、
 推奨品と認めた。

6) A-7「ほしえぬ10 種ミックス」。
 学校/流通とも素材性に1.6と評価高く、全体に良好。
 「豆と雑穀」は食育に必須の提案品であることから、文句なく推奨品と認めた。

7) A-8「北海道チルドポテト〈スライス〉」。
 これは既存推奨品の規格増の提案です。
 学校関係者に食品価値の項目と嗜好の項目にマイナス評価が見られたが、
 少人数の平均であり、全体の平均値は0.61、0.64、0.53とやや良い。
 この商品については野菜高騰時に使いがってが良く、今後を考え推奨品に
 認めたい。

8) A-9「国産キャベツメンチカツ」。
 流通の嗜好評価に若干マイナスの評価が見られた。両者の平均値は0.1前後で
 普通より良く、野菜がたっぷりでオーブン調理に適している事は、カロリー減に
 つながり良いと、推奨品に認める。

9) A-10「シーディッシュ」。
 昨年新規推奨品に選定されたもののリニューアル提案。
 学校/流通とも食品価値の項目の評価が極めて高く、使用方法を啓蒙する
 必要があるとの意見があった。推奨品と認めた。

10) A-11「天然えびかつ」。
 これも既存推奨品の規格増の提案です。すべての評価は0.8前後と評価が良い。
 規格の複数化は給食現場からは総じて歓迎されている。推奨品である。

11) A-12「大豆ミートハンバーグ」。
 総合評価と味の評価に、学校/流通ともマイナス評価が見られた。
 味の評価で「辛い」と指摘されたがこれはマスキングに「黒胡椒」を使用している
 ゆえ。
 味の全体評価は−0.47で標準偏差値が0.94と少し幅がある。全体の総合評価は
 0.03と普通の評価であった。
 今回の一番のポイントとなるとの意見もあった。委員で議論したが給食の今後を
 考えると、推奨品として必要な提案と思われ、推したい。

12) B-1〜B-4。今回デザートは4品の提案があり、
 B-1「杏仁豆腐」、B-2「アセロラゼリー」、B-3「アップルパイ」。
 この3品についてはすべての設問で問題がなく、味の評価も高いことから、
 全員一致で推奨品と認めた。

13) B-4「はちみつレモンゼリー」。
 「60gは児童には多すぎる」との意見が学校関係者から複数でた。
 が味の評価が高く、新しいデザートの要望は根強い。全体評価は0.33と普通より
 良かった。推奨品と認めた。

以上の経緯により、開発委員会として本年はエントリー品16品を推奨品として
提案します。
田島委員長、各員の先生方のご意見をお願いいたします。」



開発食品選定委員会結果
開発食品選定委員長の田島眞実践女子大学名誉教授を中心に開発食品選定委
員会が9 月29 日(水)に(株)ニチレイ雪ケ谷研修センターで開催され、最終審
査が行われました。最終審査では生産会員の積極的な取組に対し、各委員か
ら活発な意見が出されました。その結果、令和4 年度審査合格数(新規)は
16 品(全品)となりました。審査会では、流通会員のご尽力により、コロナ
禍にもかかわらず学校関係者の方々のご理解を頂戴し、先生方のご協力でご
参加が実現し、熊本・東京両会場とも多くの学校関係者審査員による活発な
審査会を開催する事ができました。ご協力誠にありがとうございました。


橋先生(開発委員長) 開発委員の皆さん(生産会員代表) 
本年度流通代表審査会から
エントリー会員のプレゼンを受ける
全国の流通代表理事 
関東学校関係者審査会
コロナ禍の中でも、
多くの学校関係者の先生方に
ご協力いただき、
例年通り審査会が開催された 
学識経験者の先生方
左から選定委員の岩瀬先生・
鈴野先生・石川先生・原島先生・
石井先生 
選定委員会
各審査会での審査を経て、
開発委員会で討議され、
最終の選定委員会に上程された
16品につき、学識経験者の先生方を
お迎えして、慎重な最終審査が
続けられた 
関東学校関係者審査会にて
全学栄の島崎理事を囲んで
左から
橋専務理事、福島常務理
事、青山先生(全学栄東京代表)、
全学栄 島崎理事、青木先生
(東京都中学校食育研究会顧問)、
中込理事、川村副会長 
前列左から田島委員長、
高橋副委員長(開発委員長)と
協会側選定委員の皆様
(左から)
青木副会長、古川会長、川村副会長 
橋先生(開発委員長)と
来年度より開発委員長に
ご就任いただく石井克枝先生
(選定委員)
関東学校関係者審査会
個食、黙食、
十分なソーシャルディスタンス、
飛沫防止対策の徹底等
新しい試食スタイルの審査会が
定着した
 


Topページへ